>  > いつのまにか素っ裸というエロさ

いつのまにか素っ裸というエロさ

ホテルに入って20分くらいでドアをノックする音がして女の子が来てくれました。ドアを開けると「お久しぶり~」なんてめちゃ明るい声で可愛い女の子が入ってきます。今回で会うのは3回目くらいになるのかな、女の子の方が常連になるのはいやだろうななんて思いながらついつい指名していますのですよ。まあ女の子も指名代なんかの高収入につながるんだからいいよね、なんてこっちで勝手に自己判断しています。それに風俗の世界は指名のあるなしってけっこう重要ですからね。ほんとに見るからに可愛い女の子なのでソファに座って最初は軽めのトークなのですけど、すぐに押し倒してチューしまくりですよ。女の子も私の勢いを素直に受け止めてくれるのが嬉しいというかさすがに百戦錬磨だなという気がします。攻められながらも服を脱がして脱がされてという動作を忘れていませんから、いつのまにか二人とも素っ裸というシチュエーションなのですよ。これがまたエロすぎるんです。

[ 2016-07-02 ]

カテゴリ: デリヘル体験談